HOME>注目記事>障がいのある子供も安心して利用できる〜放課後等デイサービスとは〜

障がいのある子供も安心して利用できる〜放課後等デイサービスとは〜

勉強

放課後等デイサービスのサービスとは

放課後等デイサービスという言葉を初めて聞いた方も多いのではないのでしょうか。放課後等デイサービスはいわゆる障害を持っている子供向けの学童保育の事で、障害がある子供でも放課後や長期休暇中に通う事ができ、2012年に全国に設置され始めました。

複数の子供

利用時に必要な受給者証の取得方法

放課後等デイサービスを利用するのに必要な受給者証は放課後等デイサービスを見学した後、住んでいる自治体の福祉の窓口に申請する必要があります。療育手帳や障害者手帳がなくても受給者証を受け取ることもできます。

子供

放課後等デイサービスの利用対象年齢

利用対象年齢は原則就学児童である、6歳から18歳の学校に通っている児童です。ただし、条件などに応じては二十歳になるまで利用することができるので、確認してみると良いでしょう。

英語

家族へのサポートについて

月額の利用料は1割負担となっており、行政からの支援と並行して受けられます。また、施設内に専門の保育士が常駐しているので家族の負担を減らすことができます。

放課後等デイサービスの一日の流れ

先生

利用日について

利用日については平日の放課後はもちろん、休日や長期休暇にも対応している事業所が多くあります。

平日の流れ

平日は学年によって下校時刻が異なるのでバラバラに施設に来ます。施設内では宿題や公園に出かけたりと様々なことをやっています。

休日の流れ

休日は午前中に施設に到着し、平日と同じ時間に帰宅します。日によってお外に出かける施設もあります。

移動方法について

平日の学校から施設への移動は施設側が送り迎えしてくれるところが多いです。

食事について

休日の昼食を用意する施設が多いです。また、減免制度の適用させることができます。

いくつかの放課後等デイサービスの見学に行こう

放課後等デイサービスには様々な形式の施設があります。大きく分けて習い事型と療育型に分かれます。

習い事型の放課後等デイサービスと療育型の放課後等デイサービスを比較

習い事型の特徴

習い事型とは、運動や楽器の演奏などの習い事に近いことに特化している施設の事で、将来の就労に踏まえてPC作業訓練を行う施設もあります。

療育型の特徴

療育型は行動面や学習面、コミュニケーションなどの様々な面からの専門的な療育を行う施設です。施設によって専門の資格を持った方がいることがあります。

子どもの状態に合わせて選択しよう

もちろん、施設と子供の障害の状況によって、向き不向きがあります。わが子に一番あった施設を選ぶとトラブルを起こさずに済みます。

広告募集中