HOME>注目記事>豊富な英語教材で楽しく学べる〜小学生に適した英語教育とは?〜

豊富な英語教材で楽しく学べる〜小学生に適した英語教育とは?〜

女の子

小学生向けの英語教材の特徴

小学生にとっては中学校で習うような複雑な文法や英単語の暗記はとても苦にしやすく、逆に英語が苦手になってしまう可能性があります。そのため、そのような部分はできるだけ排除したうえで、英語の楽しさを喚起させる教材が非常に多いです。

通信教育と塾の違い

通信教育の特徴

通信教育はクラブ活動で忙しい小学生でも自宅で英語を学ぶことができるのが特徴です。半面、生の英語に触れる機会が少ないことが難点としてあげられます。

塾の特徴

塾で学ばせる方法は生の英語を聞くことができるので、英語の理解が進みやすい特徴があります。ただ、塾までいかなければいけないので遠いところに塾があるとお子さんの負担が大きくなりがちです。

子どものペースで学習できる!

どちらにとって一番重要な事は子どもが自分のペースに合わせて学習することができる環境にあるかでしょう。遅すぎるのも確かに問題ですが、あまりに早すぎて理解に追いつけなくても、ちゃんとフォローしてくれるところを選ぶようにしましょう。

多くの保護者から寄せられる英語教育についての質問

女の子

子供の読み間違いが気になる

一番いいのは子どもに読み間違えている部分を自覚させ、読めている部分はちゃんとほめる方法です。叱ってばかりだと子どもがやる気を失いますし、この時期は些細な読み間違いはあまり気にしないほうが子どもの英語力育成には効果的です。

小学生と中学生以降の英語の違いは

大きな違いとして小学生は読む・話す、中学生は書くことに重点を置かれています。

受験に大きな動きはあるのか

中学受験においてはおそらく英語が必須科目になると思われます。まさか数学のように大人でも解くことが難しい問題を出されることはないとは思いますが、都市部の難関の私立中学校は英語の受験科目が追加されるのを予想する必要があります。

日本語に悪影響は起こらないのか

同じく英語の早期教育を行っている韓国では英語を早期学習させたことに対する母国語の習得に関する悪影響はほとんどありませんでした。簡単な英会話程度なら悪影響は起こらないと思われます。

英語の発音やアクセントはしっかりしなきゃダメ?

極端な話、発音はあまり気にしなくても大丈夫です。LとRの発音の違いが分からなくても英検一級に合格するのにあまり問題はありません。基本、大きく意味が異なる場合以外は発音やアクセントをがみがみいう必要はありません。

部活や他の習い事で忙しい子におススメ!

英語を小学校で学ぶにはメリットがありクラブ活動や他の習い事で英語を学ぶ時間がほとんどないという子どもでも英語を他のみんなと平等に学ぶことができます。そうすることによって中学生の時に英語の学習をつまずくことを防ぎやすくなるのです。

広告募集中